車両図鑑

3月に常磐線から引退!!タキシードボディのすごいヤツ・651系電車

2020年の3月14日、年に一回のダイヤ改正の時が迫っています。

その中でも個人的におめでたいニュースとして「常磐線全線復活」があります。

 

常磐線は2011年の東日本大震災でいわきから北は津波で流され壊滅的な被害を受けた路線なので、東北が好きな私としては9年ぶりの全線開通には思わず「よっしゃー!」とガッツポーズしたくらいでした。

 

そんな中である一つの名車が引退します。

 

今回は常磐線で最後まで活躍する651系電車について現在の運用や今後について深堀りしていきます。

こんな方におすすめ

  • スーパーひたちからの651系のファンだという方
  • 3月までに乗り納めしておきたい方
  • ダイヤ改正後の動向が気になる方

あわせて読みたい

特急ひたち・仙台行きについて知りたい方にオススメの記事です。

祝!常磐線全通決定 特急「ひたち」が仙台まで直通します

 

 

スポンサーリンク



651系が引退する理由

今回のダイヤ改正で不通区間の富岡~浪江が開通し、これで震災から9年ぶりに常磐線が全線開通します。

 

それまでは電車が運転可能な範囲でダイヤが組まれており、いわき~富岡は1時間に1本普通列車が走っていました。

 

その内2往復の普通列車にはかつて特急「スーパーひたち」として活躍した651系電車が担当することが、ファンから熱く注目されていました。

特急の面影がバッチリ残りながら普通列車として運転される  いわき駅にて

ダイヤ改正後は運転系統を原ノ町駅で区切ることになり、いわき~原ノ町は青いラインのE531系電車・原ノ町~仙台は緑と赤のラインのE721系と701系電車に統一されることになりました。

この時点で651系が普通列車として運転されることはなく、事実上「引退」することになります。

 

暫定的だった651系普通列車

元スーパーひたちの651系が普通列車として運転を始めたのは2017年7月22日からでした。

デビュー当時のリリース 付属編成の4両で運転が決まった 引用:JR東日本 水戸支社HPより

いわき~竜田までの1日2往復の運転で、

当時は特急型車両に乗車券だけで乗れる乗り得な普通列車として注目を集めました。

 

理由は明確ではないですが、おそらく車両の有効活用ではないでしょうか?

 

現在ではいわき~富岡を1日2往復しており、3月13日まで普通列車として運転される予定です

651系普通列車の時刻表

列車番号 いわき駅 富岡駅
673M 10:27 11:09
672M 12:10 11:28
683M 16:13 16:54
682M 17:46 17:04

スポンサーリンク



651系のデビューから今までの歴史

 

651系は1989年に常磐線の特急「スーパーひたち」としてデビューしました。

JR東日本にとって初めての新型特急電車であり、デビュー当時はその真っ白な車体から

タキシードボディのすごいヤツ」というキャッチコピーが着いたほど新鮮でした。


その名の通り、性能も高く

 

  1. 最高時速が日本初の130㎞、
  2. ヘッドマークにLED表示を採用、
  3. 間接照明やグリーン車のビデオサービス

といった目新しさを取り入れた651系は今までの特急車両とは性能や満足度で圧倒的に差を付けました。

 

2012年に新型車両E657系がデビューし、常磐線の特急車両が統一され、

スーパーひたちから引退、その後は高崎線の特急草津・あかぎや伊豆方面の観光列車「伊豆クレイル」に転用改造された編成がある一方で震災で寸断された原ノ町駅に数年留置された上で撤去・解体された編成が出ました。

小田原~伊豆急下田の観光列車に生まれ変わった編成もある

デビューから31年目、車両の老朽化や設備面の劣化が目立ち始め一部を除いて廃車となっています。

 

まだ間にあう!いわきまでのアクセス方法

引退まであと1か月となりましたがいわきまでのアクセス方法をまとめています。

アクセス

東京からの場合

交通手段 時間 運賃
普通列車の場合(上野発) 3時間40分 3740円
特急ひたち(品川発) 2時間33分 6290円(指定席)
JRバス(東京八重洲口発) 2時間5分 3500円

仙台からの場合

普通列車(原ノ町経由) 2時間45分 2640円
東北新幹線+磐越東線 2時間19分 6380円
JRバス 2時間4分 1900円~

ポイント

東京・仙台からアクセスする場合どちらもバスが有効のようです。

その分利用者が多いこととトイレがない・狭いといったデメリットがあります。

特急ひたちは割高になりますが1時間に1本のペースで品川・上野から発車しています。

えきねっとのお先にとくだ値を利用すればバス並みに安く済みます。

オトクなきっぷ

きっぷの名前 青春18きっぷ 週末パス
販売価格 12050円 8880円
値引き率 上野~いわき3740円→2300円(‐1440円) 品川~富岡4510円→4440円
特急の利用 特急ひたち利用可能(別途購入)
有効期間 3月1日から利用可能 土日のみ利用可能

ポイント

2月中は土日に有効な週末パスがオススメ、品川~富岡を往復するだけで元が取れます。

3月からは青春18きっぷが利用開始となるので普通列車で行く場合は青春18きっぷが良いでしょう。

3月13日までの数日間は混雑するかもしれないので注意してください。

 

今後はどうなる?

3月13日をもって常磐線の普通列車から引退しますが、車両についてはどうなるのかまだ明言されていません

しかし車両の老朽化や用途がなくなることが原因で結果、廃車になるのではないかと思います。

 

また6月に伊豆クレイルがラストランを迎える事が決定しています。

 

これによって651系は高崎線の特急だけとなり、純粋なタキシードボディが見られるのは

常磐線の普通列車引退までの残り1か月となりそうです。

 

まとめ

  1. いわき~富岡の普通列車は3/13ラストラン
  2. ダイヤ改正後はe531系に統一
  3. 1日2往復運転中
  4. 東京から日帰りで乗車可能
  5. 今後の動向は分からない

さいごに

いかがでしたか?

 

暫定的な列車とは言え、かつてのスーパーひたちの車両が普通列車として走っているのは胸が熱くなります。

 

なぜなら子供の頃に仙台へ遊びに行くと駅にはスーパーひたちが必ずいたことを思い出すのです。

そんなスーパーな車両も31歳とはいつ引退してもおかしくない年頃ですがとうとう来たかという感じです。

 

みなさんはラストランにはマナーを守って乗車してください。

あわせて読みたい

特急ひたち・仙台行きについて知りたい方にオススメの記事です。

祝!常磐線全通決定 特急「ひたち」が仙台まで直通します

 

スポンサーリンク





-車両図鑑
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© レイル・ログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.