車両図鑑

レトロなディーゼルカー キハ40系を紹介(JR東日本編)

更新日:

今回も当ブログにアクセスいただきましてありがとうございます。

先日ネットでこのような記事を見つけました。

タイトルの通り、令和になってもなお昭和の雰囲気が伝わる渋い気動車ですが、

その数少ない国鉄型の一つ「キハ40系」が鉄道ファンのあいだで注目されています。

見た目の通り古い車両で、普通列車として長く運転されていますし

新たに観光列車として生まれ変わったものがあったりと

調べれば調べるほど個性豊かな車両です。

鉄道ファンが注目する懐かしの車両「キハ40系」

今回はJR東日本で活躍する車両を特集していきます。

羽越本線 桑川駅にて

キハ40系は日本全国の非電化路線で現在も活躍している車両です。

鉄道好きなファンの方やそうでない方も旅行で鉄道を利用した際、

このような車両を見たことがあるかと思います。

正確に言えばキハ40形・47形・48形の3種類がありますが、当サイトではまとめてキハ40系と呼ばせていただきます。

キハ40系と言えば「国鉄型」「ローカル線」「ゆっくり」といったイメージが最初に浮かんできます。

まさしくイメージとおりで国鉄型の車両に乗りながらゆっくりと旅ができるのが

キハ40系の醍醐味なのです。

しかし決して特別な車両ではありません。

利用する人によっては揺れる・うるさい・遅いと思う方もいます。

今キハ40系を目的に乗る人は鉄道ファンや旅行好きな方ぐらいかと思います。

羽越本線 越後寒川~今川にて

 

そんなキハ40系は1977年に製造がはじまり、888両が製造されました。

そのうちJR東日本では以下の路線で運行しています。

・津軽線  青森~三厩
・五能線   東能代~川部
・只見線 会津若松~会津川口 只見~小出
・磐越西線  会津若松~新津
・信越本線 新津~新潟
・羽越本線 新津~酒田
・男鹿線  追分~男鹿
・奥羽本線  秋田~東能代 弘前~青森
2019年7月現在

キハ40系は国鉄から151両が受け継がれましたが、現在は

車両の老朽化やサービス面の向上に伴い徐々に数を減らしてきています。

製造から40年以上が経っていますが、エンジンの載せ替えなど

メンテナンスや車体が丈夫なのが長く使われている理由です。

東日本で乗るなら今のうちに急ぐ方が良い理由

長く使われてきたも

JR東日本では上記の路線で走るキハ40系を新型車両に置き換えることを正式に発表しました。

 

羽越本線・信越本線・磐越西線は2019年度内に全車引退

津軽・五能・奥羽線は2022年までに全車引退

GV-E400系という新型車両に置き換わります。

男鹿線は既に蓄電池式車両を導入し、順次増備を進めます。

只見線については唯一触れられていませんが、

別の路線から気動車が余剰となれば玉突きで運用に入るものと思われます。

 

東北地方の厳しい冬の気候や沿岸部の潮風によって車体の劣化が激しく進んでいます。

只見線・会津水沼駅にて

それでも運用を続けてこられたのは赤字線区であるための苦肉の策だと思われます。

乗って楽しいジョイフルトレインに変身

前述の通り、キハ40系は車体の頑丈さなどから長く使われてきましたが、

その中から臨時列車で活躍するジョイフルトレインに変身したものがあります。

その一覧をまとめました。ご覧ください。

リゾートしらかみ

秋田~青森・弘前を五能線経由で走る海外でも人気のリゾート列車。

青池・橅・くまげらの3編成のうち、現在はくまげら編成が活躍中

青森行きリゾートしらかみ1号キハ48くまげら編成

青森行きリゾートしらかみ1号キハ48くまげら編成 posted by (C)監視人

 

鮮やかなオレンジの色合いが目を引きます。

クルージングトレイン

北上線 北上駅にて

初代リゾートしらかみ 現在は2両編成で臨時列車として秋田県を中心に活躍。

リゾートみのり

仙台~新庄を陸羽東線経由で運行している。金・土日・祝日に運行

車内はゆったりしており、大きな窓からは鳴子峡の紅葉や

最上の雪景色が眺められます。

越乃Shu*Kura

「こしのしゅくら」と読みます。

名前は「酒蔵」からきており

名前の通り日本酒が飲めるのが売りで新潟の地酒を堪能しながら旅ができます。

リゾートうみねこ

八戸線を八戸~久慈を土日に走ります。

以前は八戸線にもキハ40系が走っていたが、今では最後のキハ40系となりました。

びゅうコースター風っこ

左沢線 羽前長崎~南寒河江にて 「さくらんぼ風っこ号」

トロッコ列車風に窓を開放して景色を楽しめるJR東の人気車両。

木材を使用したボックス席と白熱灯の温かい社内の雰囲気が人気です。

路線は特に決まっておらず、東日本管内であればどこでも走った実績があります。

但し東北が多く、宮城・山形・福島での運転が多いようです。

各路線ごとのカラーの紹介

首都圏色(朱色5号)

奥羽本線 土崎駅付近にて

現在新津と秋田に所属しています。

製造当時と同じ朱色5号(俗称・タラコ色)が復刻版として塗りなおされており

ファンからの人気が高い。

国鉄急行色

磐越西線 翁島~磐梯町にて

キハ58のようなクリーム色に赤い帯をまとった配色で

新津に2両在籍しています。

羽越本線開業80周年を機に復刻塗装がされました。

通常でも見られますがこのように2両がキレイにそろうのは臨時運転の時くらい。

新潟色(1次)

磐越西線 尾登駅付近

白地に大きく青のラインと下に細く赤いラインが施されています。

俗に青髭と呼ばれています。羽越本線・磐越西線で活躍中。

新潟色(2次)

羽越本線 羽前水沢~羽前大山

こちらは対照的に赤を基調としています。

3~4両での運用の時、それぞれ違う色の車両が使われた時は

3色団子4色団子と呼ばれ貴重です。

秋田色(男鹿線)

奥羽本線 土崎駅にて 朝の列車は4~5両で走る

男鹿線にのみ見られるカラー

車体の下半分が緑のラインで施されています。

秋田色

男鹿線の色違いでこちらはすみれ色です。

五能線と津軽線で運行しています。

仙台色

只見線 会津水沼~会津早川にて

白地に明るい緑と濃い緑の2色のラインが施されています。

もともと所属していた小牛田運輸区が仙台支社の管轄だったため

いまでも仙台色と呼ばれています。

過去には石巻線・陸羽東線・気仙沼線で見られた色ですが

今は只見線のみとなりました。

盛岡色

津軽線 油川駅付近

盛岡車両センター所属特有のカラーです。

白地に赤く細いラインが入っています。

中には全面を赤で大きく塗られた車両があり、ファンは「赤鬼」と呼んでいました。

現在は全車引退しました。

烏山線

烏山線専用カラー 後に錦川鉄道に譲渡されたのはこちらの車両

東京から一番近いキハ40系と言われた烏山線。

3つのカラーがありましたが新型車両に置き換わり、

その内1両が山口県錦川鉄道に譲渡されました。

今後の展開

前述したとおり、今年から本格的に置き換えが始まります。

以前twitterでカンタンにまとめたツイートをしました。

おそらくこの通りに進んでいくかと思われます。

1度置き換えが進めば早いので今のうちに記念乗車や記念撮影を行うことをオススメします。

また、引退間際やラストランの時期になると撮り鉄による危険行為追っかけと呼ばれる危険運転問題となっています

危険な行動や迷惑行為は絶対におやめください

さいごに

いかがでしたか?

今回はJR東日本を中心に特集を組みました。

全国のキハ40系について紹介したいところですが

記事が膨大になるので今回はここまでとします。

次回はJR西日本のキハ40系を特集しようと思っています。お楽しみください。

-車両図鑑

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.