旅行

紅葉もクリスマスもたのしめる SLばんえつ物語紹介

投稿日:

前回は磐越西線の観光について紹介しました。

もうすぐ紅葉のシーズンが到来します。

その磐越西線の観光列車「ばんえつ物語」を紹介します。

東京からは遠くて乗りに行けないとあきらめている方でも

日帰りで利用する事が出来るSL列車です。

どうぞ参考にご覧ください
JR東日本ダイナミックレールパック

ばんえつ物語とは?

SLばんえつ物語運行開始当初 引用:DVD C57 ばんえつ物語~貴婦人を蘇らせた男たち~

1999年4月29日より磐越西線で運転が開始されました。

機関車はC57形180号機 「貴婦人」と呼ばれた旅客機の花形で

JR西日本のSLやまぐちでもC57形が使われています。

元々は新潟市新津第一小学校で保存されていた機関車で

地元の熱い要望を受けて復活をしました。

客車は12系客車で黒と赤みがかったブラウンが

レトロながら高級感を感じさせます。

 

主に4~11月の土日を中心に運転されています。

 

このSLばんえつ物語、片道だけで111㎞を走り

SLの動態保存機の中では日本一長い距離を走っています。

また客車においては人気が高く臨時列車として他線区に貸し出されることがよくあります。

(上越線・羽越線・横須賀線・伊豆急行など)

2019年にも羽越本線で1往復・上越線でEF64形電気機関車での臨時列車が設定されています。

【中古】 C57ばんえつ物語〜貴婦人を蘇らせた男たち〜 /(鉄道) 【中古】afb
created by Rinker

料金について

運賃は1940円(新津~会津若松)

ばんえつ物語は「快速」なので週末パスや青春18きっぷでの乗車が可能です。

全車指定席・520円 グリーン車1670円となっています。

グリーン車は超人気席なので常に満席です。

ですが指定席も昔ながらのボックス席での旅が出来ます。

新幹線のように回転式のシートではないので

ボックス席の方は進行方向に注意して座席を予約することをオススメします。

車両について

客車は7両です。どのようになっているのでしょうか?

1号車

 

オコジョ展望車」という車窓が展望できる車両となっています。

座席はありませんがキッズスペースがあるなど

お子様連れでも退屈しない車内となっています。

1号車はこのようなキッズスペースが設けられている  引用:JR東日本新潟支社HP

SLのテンダー部(炭水車)ですが間近で見られる車両です。

2・3・5・6号車

指定席で4人掛けのボックス席となっています。

モケットがふかふかしているので長旅でもお尻が痛まず快適です。

車内はガス灯をイメージしたライトがあり

トンネルに入ると淡いオレンジの光が

昔の客車列車のような雰囲気になります。

5号車

売店があります。

ここでは弁当・飲み物・スナックのほか

車内でしか買えないオリジナルグッズを扱っています。

車内限定グッズ ファンクラブに入会すると10%引きで買える 引用:JR東日本新潟支社HP

特に人気なのがポストカードで

旅の思い出を書いて4号車のポストにそのまま投函出来ます。

4号車

ここは「展望車」となっています。

腰を掛けながら紅葉・川の流れ、鉄橋から見下ろす景色を楽しめます。

展望車 誰でも利用が出来る 大きくとられた窓から景色が眺められる  引用:JR東日本新潟支社HP

また、展望車では子どもたちを対象にしたイベントがあります。

私が乗った時は現役機関士によるSLの解説紹介をしていました。

何でSLは動くのかなど基礎知識から裏話まで聞けちゃうお得なイベントでした。

日によって内容は変わります。乗ってみてからのお楽しみにしてください。

7号車

ボックスシートと違い特急のような室内・展望スペースがある  引用:JR東日本新潟支社HP

グリーン車です。

特急並みのシートで3列ゆったりとした座席となっています。

中も展望車仕様となっているのでこの座席だけで十分満喫できる車両です。



アクセス比較

新幹線 高速バス 飛行機
東京~新潟 7:00発Maxとき303号 8:58着 24:00発(東京鍛治屋橋駐車場)7:20新潟駅南口着 成田~新潟便(おススメしない)
新潟~新津 9;28SLリレー号 新津行き 9:45着 同じ 同じ
新津~新潟 18:56 普通新潟行 19:16着 同じ 同じ
新潟~東京 19:36 とき346号 東京行21:52着 22:30~24:00発  5;20~6:45着 新潟駅から空港までタクシーで20分
備考 磐越西線普通より郡山駅で東北新幹線乗り換え可能 参考:WILLER EXPRESS

JAMJAMLINER

新千歳・中部国際・小牧・伊丹・関空・福岡・那覇便あり
メリット きっぷが1枚で済む 東京からの往復運賃が安い 遠方からの利用なら圧倒的
デメリット やや高い(えきねっとがおススメ) 睡眠不足の可能性・休日は混む・女性なら安全な会社を選ぶこと 運賃が高い・LCCが少ない・必然的に前の利することになる

このようになります。

個人的には運賃や乗り換え時間を考えると新幹線を利用するのがベストかと思います。

Maxとき 同じJRなので利便性において間違いなく№1

高速バスは料金・安全・快適さの面で「WILLER EXPRESS 」か「JAMJAMLINER」が

いいと思います。

 

飛行機の場合羽田空港ではなく成田空港からなので新幹線と比べると料金は高いうえに

乗り換え時間のロスが多いのでおススメしません。


実際に乗ってみた

昨年8月に乗ってきました。

 

この時SLは台車に亀裂が見つかり走行不可能となったことから

DLで代走することになり、

「DLばんえつ物語」として乗ってきました。

 

新津駅から乗車 掲示板にはDLのイラストがつく

初日とあって駅長や太鼓演奏・マスコットのオコジロウ・オコ美が出発セレモニーを飾りました。

私は出発前に駅弁を買って間もなく出発です。

 

ポーーーーッ!!」という汽笛こそないけれど

ガクン))」と揺れて静かに出発します。

 

展望室から見た機関車・これは大人でも興奮するだろう

早速車内を見て回ると1号車オコジョ展望車に機関車が間近に迫っています。

機関車の後姿を見られるのもこのように展望車があるからでしょう。

津川駅停車中 SLだともう少し大きいですが、DLも人気でした。

津川駅に到着・15分間停車します。

SLはここで給水をするのですがDLは特に何も補給しません。

先頭では珍しい赤い機関車と記念撮影する親子連れでにぎわいます。

 

 

日出谷を過ぎると阿賀野川に沿ってゆっくり走ります。

窓を開けると「グルグル」というエンジン音と排気の臭い

カタンカタンとどこか重みを感じるジョイント音が

「やっぱり電車とは違う」とその違いを楽しみました。

 

山都駅を発車すると最大の見せ場「一ノ戸川橋梁」にさしかかります。

車窓の景色がすごく高いのが良いですね。

展望室では子どもたちを集めてSLの解説をしています。

皆、熱心に聞いているようでした。

 

そして喜多方市に入り会津若松駅までは田んぼが広がります。

塩川駅付近にて 田んぼが広がる平坦な区間を走る

 

やがて終点・会津若松駅に近づくと

SLは今故障中であること、その復旧に全力を尽くして必ずSLばんえつ物語として復活しますと


年に1度の「クリスマストレイン」

12月第1土・日曜日は1年で最後の運転として

「SLクリスマストレイン」が運転されます。

外からみればヘッドマークがクリスマス仕様

オコジョもサンタ服を着ているだけ?に見えますが

車内では楽しいイベントがたくさんあります。

 

Twitterによれば

  • プレゼントお渡しじゃんけん大会
  • 日出谷駅でハンドベルコンサート
  • 芸人による大道芸ショー
  • スペシャルゲストにNGT48が乗車

とありました。

めちゃめちゃ楽しそうじゃん!」と思い

予約をしようとしましたが

開始1時間で売り切れるほど人気です。

 

特に去年は元NGT48の山口真帆さんと菅原りこさんが乗車というだけあって

ファンの予約が多かったのだとか・・・

 


ちなみになぜクリスマス当日に運転しないかというと

過去に大雪でSLでの運転が不可能になり

津川駅で運転取りやめ・DLの救助があったのがきっかけで

今後の運転は雪の少ない12月第1週となりました。

野沢駅で抑止中 大雪はSLにかかるダメージが大きい 引用:会津の自然と汽車より

これも貴重な体験ではあるのですがやっぱり普通に楽しみたいですよね?

今年はまだ発表されていませんが毎年恒例なので運転されるはずです。

さいごに

 

いかがでしたか?

今年で運転20周年を迎えたSLばんえつ物語

C57も無事に復帰できてこれからも続いていきそうです。

SLやまぐち・SL人吉と並んでもはや「ブランド化」したSLばんえつ物語

東京からも近くて乗りやすいので

会津観光や只見線と一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

尚、磐越西線の観光についてはこちらの記事も合わせてごらんください。

それでは!

SLばんえつ物語撮影ガイド 磐越西線フォト紀行/一城楓汰【1000円以上送料無料】
created by Rinker

-旅行
-, , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.