豆知識コラム

乗る前に一度確認しておきたい 新幹線の自由席ルール

投稿日:

 

ビジネス・旅行・帰省に欠かせない「新幹線

 

 

新幹線が安全に快適な運転ができるのは

お客さんがルールを守ってくれているところも大きいのです。

 

しかし、決してトラブルが無いわけではありません。

トラブルを避けておきたい、またはうまく対処するために

新幹線の座席ルールを取り上げてみました。

 

今回は「自由席」のルールについてです。

 

誰もが安心して乗れるように参考にして行ってください。

【送料無料】【急速充電対応】PSE認証 ACアダプター 4ポート アダプター USB 充電器 チャージャー USB充電器 4.0A 4口 快速充電 コンセント 電源タップ 折り畳 軽量 薄型 同時充電 USBアダプタ スマホ充電器 アイフォン充電器 iphone用 android アイパッド 充電器
created by Rinker

自由席について

イメージ  引用:産経ネットより

新幹線にはグリーン・指定席の他に「自由席」があります。(一部を除く)

座席が指定されない分指定席より520円安くなります。

なので東京駅では自由席に座りたい乗客の長い列が出来上がっているのは

見かけたことがあるのではないでしょうか?

 

自由席は安くて人気なだけにトラブルが起こりやすい席でもあります。

自由席のルールについておさらいしましょう

座る権利は列の前の人から順番にある

当然ですが自由席は早い者勝ちです。

列の先頭から順次好きな席に座り

席が埋まれば立っているか指定席に切り替えるしかありません。

 

新幹線では旅行やビジネスでの利用が多いです。

そのため子ども連れや普段乗らない年輩の方

大型のトランクを持って疲れた旅行客の方によるトラブルがあったりします。

荷物で場所を取るのは?

例えばトイレや電話に立つとき、荷物を置いて座っているとアピールしている場合はOKです。

しかしその場にいない人の分の席を確保すること

(例えば10分後に来るのでそれまで取っておく・途中の駅から乗ってくる)

NGです。

座席は早い者勝ちなので同乗者とはいえその場に居なければ座れる権利は下がります。

花見の場所取りとは違い2人分の座席を1人で確保する行為自体

利用客である私たちにそのような権限はありません。

横取りされた場合

自分が座っている席がいつのまにか他人に横取りされることもあります。

セコいですね。

トイレや電話で立った時、誰かが座っているのが分かれば

まず後から来た客は座ることは出来ません。

何か目印になる物を置いていきましょう。

もし何も置いていかず横取りされた場合、

乗務員を呼んで対応してもらうのがベストです。

しかし、座っていた証明がなければ話がややこしくなるので

盗まれてもいいもの、あるいは貴重品だけ持って荷物を座席に置いていくのが良いでしょう。

座席を譲れ!と強要された場合

イメージ  引用:フォト蔵より

座れなかった人の中には信じられないですが

「席を譲れ!」と言ってくる図々しい人がいます。

特に年輩の人が若い人に向かって

若いんだから立っとけ(# ゚Д゚)」といった

オールドスタイルで迫ってくる場合があります。

イメージ  引用:認知症ネットより

みっともないですね・・

 

通勤電車の場合なら「どうぞ」と譲ることはできますが

新幹線のように長距離を走る列車なら話は変わってきます。

 

 

その場合どうすればいいのか・・・

答えは簡単

 

無視しましょう

 

それでも引き下がらない場合は先に座っていたと主張するか

車掌を呼んで対応してもらいましょう。

 

車内においてはみな平等に座る権利はあります。

それを決めるのは「年齢」じゃなく「順番」だということを

くれぐれも忘れないでください。

具合が悪くて座りたいとき

もし新幹線に乗りたいけど具合が悪くてどうしても席に座りたい場合はどうでしょう?

そもそも何でこんなことを書いたのか

 

先日Yahoo知恵袋でこのような質問を見かけました。

帰省ラッシュの混雑している時期にどうしても新幹線に乗らなければならず、もちろん指定席はいっぱい、自由席の列に並ぼうとしましたが、大変な暑さと過労のため、立っていられないくらい具合が悪くなってしまいました。

列車を待つホームで自由席はすでに長蛇の列。

席が確保出来なければ、目的地まで3時間立ったままで過ごさなくてはなりません。

電車の席=高齢者や具合が悪い人は譲ってもらえる、という考えがあった私は、列の真ん中辺に居た男性に「具合が悪くて辛いのですが、列に入れて頂けないでしょうか」と頼みました。

しかし「俺に言われても…、ちゃんと並んで」と冷たく言われました。

乗車率は150%くらい。赤ちゃんを連れたお母さんや、高齢の方も立っていました。

列に入れてくれなかった男性をすごく冷たいと思い

しばらく怒っていましたが、後で考えたらその人がOKでも、

列の後ろに居る人たち全員に許可をもらったわけでもないのに、

割り込ませてはいけないのかな、と思いました。

やはり私の言動は非常識でしたか?

もし自分が逆の立場で、具合の悪い人や高齢者に割り込ませて下さいと言われたらどうしますか?

譲りたかったらその人をそこに入れて、自分は列の最後尾に並び直すべきでしょうか?

またいくら具合が悪くても、指定席を取ってないのは自己責任で

特急や新幹線で「譲って下さい」というのは非常識でしょうか?

Yahoo知恵袋より一部引用

これを読んで私はハッとしました。

こういう場合もありうるよなと、普通はダメだけど

何かいい方法があるんじゃないか?

 

この質問の回答が

「非常識だ!」

「具合が悪いのに新幹線に乗るんじゃない」

「座りたいのはみんな同じ」

「優先席があるわけじゃないのに」

 

と手厳しいモノばかりでしたがどれも正論で

確かにこの行為は非常識なものです。

 

私からも客観的に言わせてもらえば

「具合が悪い場合空いてる列車に乗るか、指定席に切り替える、

それか体調を整えてから乗るのがベストだと思います。」

 

やっぱり新幹線と普通電車とは状況が違うので

座席を譲ってほしいというのは図々しいかなと思います。

 

 

それでは万が一具合が悪くなった場合

もしも乗車中に具合が悪くなってしまったらどうすればいいのでしょうか?

多目的室とは?

その時は「多目的室」を使いましょう

「多目的室」とは新幹線のほぼすべての車両に設置されたスペースの事です。

主に身体の不自由な方・妊婦・乳児を連れた親御さんが授乳するために

利用ができるスペースで、体調が悪くなった方でも空いていれば使う事が出来ます。

このように座席を広げるとベット状になり、横になる事が出来ます。

ただし、空いていても多目的室にはロックがかかっているので

もし使いたい場合は乗務員に問い合わせてから使いましょう。

【第(2)類医薬品】ライオン バファリンプレミアム (60錠) 【送料無料】 【smtb-s】 【セルフメディケーション税制対象商品】
created by Rinker

停車駅の多い列車を選択する

これも1つの方法です。

はやぶさのE5系

新幹線には停車駅の少ない速達タイプ(のぞみ・はやぶさ・かがやきなど)がありますが

1度乗ってしまうと次の停車駅まで1時間以上なんてザラにあります

(はやぶさ大宮~仙台・のぞみ新横浜~名古屋が90分位)

なので具合が悪くなっても1時間以上降りる事が出来ないと分かればかなり辛くなります。

またのぞみやはやぶさは利用者が多いので車内に人が多いだけでもかなりストレスがたまります。

 

あらかじめ具合が悪いと分かっていてもどうしても乗る場合は

各駅タイプ(こだま・やまびこ・あさまなど)に乗ることをオススメします。

やまびこ・たにがわのE2系

そうすれば何かあったら次の駅で降りられることで心に余裕が出来ます。

また各駅タイプは利用率はそれほど高くなく

乗客は入れ替わるので座るチャンスがグンと高まります。

時間はかかりますがもしものリスクに備えて行動しましょう。

結論

  1. 自由席は早い者勝ち
  2. 不法占拠は止めましょう
  3. 通勤電車じゃないからお年寄りでも優先されません
  4. 具合が悪くても座れなかったらあきらめて体調を整えて乗りましょう。
  5. どうしても座って行きたいのなら「指定席」をとりましょう。

さいごに

いかがでしたか?

本当は5つくらいのルールをまとめるはずでしたが

書いているうちに長くなったので今回は自由席についてまとめてみました。

常識でしょ」と言われても新幹線の常識は

学校ではなかなか習えないので初めての人にはドンドン薦めてくださいね

それでは!

プラレール S-03 E5系新幹線はやぶさ(連結仕様)
created by Rinker

-豆知識コラム
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.