豆知識コラム

「デゴイチ」「青ガエル」のほかにもあった!? 鉄道車両のあだ名10選

デゴイチといえば何のことかわかるでしょうか?

答えはSLですね!

鉄道ファン以外でも1回は聞いたことがあるはずです。

SLのD51形のことを親しみを込めてデゴイチと今でも呼ばれています。

 

このように鉄道車両には誰が言ったか知らないけれどいつのまにか

そんなあだ名がついてくるものです。

 

実際どんなあだ名があるのか

今回は世間であまり認知されない辺りを紹介します。

 

これを読んで「あ!○○だ!!」と言いたくなるでしょう


※あだ名についての条件

  • JR・私鉄各社が公式に発表した愛称は除く
  • ファンの間で呼ばれるあだ名に限る
  • 俗称・別称含めます。

10選紹介

1.カモノハシ

JR東海・西日本の700系新幹線電車です。

今まで流線形が主流だった車体から平べったい先頭形状になり

そこから今の新幹線車両にも共通しています。

1999年デビューで当時はそのフォルムが斬新でカモノハシのくちばしに似ているところから

そう呼ばれるようになりました。

東海道新幹線のこだま・山陽新幹線のこだま・ひかりとして活躍中

2019年度内で東海道新幹線から引退することになり

約20年間東京~新大阪での運転が終わります。

(山陽新幹線では引き続き運転される)

2.マッコウクジラ

元営団日比谷線3000系電車で

現在は一部の車両が長野電鉄で活躍中です。

1963年の登場で当時は珍しいステンレス製の車体が注目されましたが

角が取れた丸みを帯びた車体と大きなライトが

どことなくマッコウクジラに似ているので呼ばれるように。

比べてみると似てますよね?

3.イモムシ

名鉄3400形電車

引用:wikipediaより

デビューは1937年 引退は2002年と65年間も活躍していた車両です。

当時流行していた流線形と機器類を覆った箇所の裾が絞られて全体的に丸みがある車体と

通常2~4両と短い編成で走るのでイモムシが走っているように見えます。

 

しかし・・・イモムシはこれ以外にもあります。

 

それがこちら!

引用:NAVERまとめより

東急デハ200形

 

東急玉川線の車両としてデビュー

これも当時流行の流線形を採用し

2両1編成で当時路面電車だった渋谷~二子玉川をゆっくり走っていた様子が

イモムシに見えたからそう呼ばれていました。

カラーリングに緑が入っているのでこっちの方が

よりイモムシ感が強いのが否めない所ではあります。

4.ゴキブリ

えっ・・・と思うかもしれませんがそういった車両があります。

E655系・JR東日本の車両で特別車を挟むことで

お召し列車として使用できる在来線で最もグレードが高い車両

・・・のはずですが

 

ゴキブリという不名誉なあだ名はその車体の色が

チャバネゴキブリを連想させるからでそう呼ぶファンは一定数いるようです。

 

次世代のお召し列車として御用客車のあの高級感ある

マルーン色を受け継いだのが仇になったように見えますが

この車両には「マジョーラカラー」という見る角度によって

色が違って見える特殊な塗装を施しています。

お召し列車としても使用される

なのでゴキブリに見えるかどうかは条件や個人差に大きく左右されます。

とはいえこれが人間相手だったら名誉棄損で裁判沙汰レベルですよね。


5.山男

これはEF64形電気機関車です。

山男といったら大柄で力持ちなイメージですが

この機関車はパワーが強いだけでなく勾配に強い特性があります。

実際に中央本線の貨物列車や上越線の水上峠越えで山岳路線を難なくクリアしていきます。

まさに山男!

ちなみに古い車両を工場まで廃車回送するときによく使われるので

「死神」

と呼ばれることもあるようです。

6.ニーナ

名前を見た感じだとヨーロッパ系の金髪少女のような可愛いあだ名です。

ニーナと聞いた時のイメージ

どんな車両かというと

こちらです。

金髪少女どころかかなり渋くて力強い感じです。

こちらはEF66形電気機関車

かつてブルートレインの先頭に立ったほか今は東海道~山陽本線の貨物列車で活躍しています。

 

なぜニーナなどというあだ名なのか

理由は「EF66 27号機」から。

 

27号機からニーナと語呂合わせでつけられたからでした。

なので画像の27号機だけをニーナと呼んでいるわけです。

 

まあ、可愛い要素は無いですよね

7.メトロク

元東京メトロ千代田線6000系

2018年11月に引退した車両でデビューから50年も現役で活躍した車両でした。

東京メトロの6000系

略して「メトロク」とこちらもシンプルなネーミングです。

このあだ名は引退直前になってSNSやニュースで一気に広まって言った印象があります。

良くも悪くも話題性があったので一般的にも認知されるようになった…と思います。

8.メルヘン

JR東日本205系電車

その中でも京葉線・武蔵野線で活躍するこのタイプの車両を「メルヘン」といいます。

どうしてか分かりますか?

ライトの形が違ってそこはかとなくシャープな印象ですが

それでも何でそれが「メルヘン」なのか長い間謎でした。

 

理由はディズニーランドが沿線にあるのでそこを意識したデザインだからだそうです。

 

意味わかりますか?

 

ディズニーランドは夢の国、夢の国=メルヘンということらしく

今一つしっくりきませんが

あだ名としてなら別に「ディズニー」でもいいのではないでしょうか?

引用:pinterestより

ディズニーではなくあえてメルヘンと呼ぶあたりが

ディズニーに忖度している感じがするのは私だけでしょうか?

9.白い悪魔

都営浅草線の5300形電車です。

悪魔」といわれる理由は何なのでしょうか

 

一つが走行時の音がものすごくうるさいこと

VVVFインバーターという装置が走行時に非常にうるさいとのことです。

 

実際に聞いてみると

車内だと割とうるさく感じます。

 

二つ目が京急線内で最高時速110㎞で運転すること

 

都営浅草線では京急線の羽田空港・新逗子・三崎口まで相互乗り入れしているのですが

京急線では120㎞という猛スピードでの運転が通常運転なので

普通にうるさい所に本気を出されると余計うるさくなるということです。

 

では何故白い悪魔なのかというと某アニメのの主人公が「管理局の白い悪魔」と

呼ばれているのに引っ掛けて「交通局の白い悪魔」とネタにしたのが由来です。

(※諸説あります)

ここまでくるとあだ名では無くて隠語ですね。

10.走ルンです

これはJR東日本209系電車です。

1993年に京浜東北線でデビューしました。

コンセプトは「寿命・コスト・重量が1/2」でした。

このことから古くなったらすぐに捨てられる車両というイメージが着き

使い捨てカメラの「写ルンです」をもじって「走ルンです」と揶揄されました。

 

実際は「古くなってもリサイクルしやすい設計」を

アピールしたかったようですが裏目に出た形になりました。

山手線E231系 209系の技術が受け継がれている

しかしそのあとに登場する新型車両のルーツとなった車両でもあって

東京のJR・私鉄路線で幅広く使われています。

JRだけでなく大手私鉄の車両でも共通項が多々あったりします。

本千葉駅にて 千葉県内各線の主力車両として活躍中

現在209系は台車を履き替えて千葉県内の路線で活躍しています。

今では使い捨てカメラもほとんど見かけなくなったので走ルンですと呼ぶ人はまずいません。

というか、今の鉄道ファンは使い捨てカメラ自体知らない人も多いでしょう。

さいごに

いかがでしたか?

箸休め的に読んで頂ければと思います。

これを見てみると鉄道車両はわりと動物で例えられることが多いようです。

動物の愛称というのは分かりやすいし愛着がわくので

それなりに人気だった車両にあだ名が多いのも特徴です。

中にはちょっと小ばかにしてイジッた感じのものもありましたが

まぁ嫌いだったらあだ名はつかないはずなので

結局は「好きだからあだ名がついた」の一言に尽きると思っています。

 

そしてこれらを元に私も新しいあだ名を考えてみました。

まずはこちら

JR西日本115系電車 名前は「カラシ」

ファンの間では真っ黄色と掛けて「末期」などと呼ばれているようです。

レモンやカナリアとは違った鮮やかな「山吹色」ですが

私は初めて見た時から納豆やおでんについているカラシにしか見えなかったのですが

どうでしょう?

 

 

 

つづいて

JR東日本251系  名前は「ガチャピン」

動物じゃなくてキャラクターで名づけましたが丸い顔や口に見えるあたりが

似てませんか?


引用:Amazon「ガチャピン チャレンジ☆シリーズ コンプリートBOX ~チャレンジしなくちゃガチャピンじゃない~ [DVD]」より

子どものころからガチャピンとダブって仕方がなかったのですが・・・

 

最後に元西武鉄道レッドアロー  名前は「チーズ」

宇奈月温泉駅付近にて 現在は富山地方鉄道で見られる

これは直感で名付けてみました。

クリーム地に赤の細いラインがおつまみで食べるチーズにしか見えません。

車体が四角いので余計にそう見えます。

あとあだ名はやっぱり直感的な方が分かりやすくて愛着がわきやすいものです。

これから新しい車両にあだ名がつくかもしれません。

その名付け親になるのはもしかしたら今読んでるあなたかもしれません。



Raiⅼ Magazineがスマホで読めます‼

-豆知識コラム

© 2020 レイル・ログ Powered by AFFINGER5