車両図鑑

JR東日本の新型観光列車 「海里」とは?

更新日:

JR東日本に新しい観光列車が登場します。

その名も海里

羽越本線・白新線を経由して新潟~酒田を結ぶ列車です。

先日「海里」のHBーE300形が落成・試運転される様子が

SNSに投稿されたのを見ました。

 


羽越本線の新たな顔となる「海里」について解説します。

 

海を見ながら旅をしたい方・上質でゆったりした鉄道旅をしたい方にオススメします。

日帰り特集 びゅう

「海里」とは?

10月5日に新潟~酒田間でデビューします。

引用:JR東日本公式HP

「新潟の食」「庄内の食」「日本海の景観」をコンセプトに「海里」は新潟県や庄内地方の豊かな「海」や「里」の美味しいものや景色を楽しんでもらえるようにということから名付けられました。

 

車両はHBーE300形 五能線のリゾートしらかみと同じハイブリッド式気動車を導入

車両のデザインがリゾートしらかみとはライトの形やシャープさが違っています。

デザインは日本海の「夕陽」と沿線の「新雪」をモチーフにした

高級感がありながら沿線をPRできるような仕様です。

 

車内は4両それぞれ違います。

1号車は4列のリクライニングシート

2号車は4人掛けでパーテーションで区切られたコンパートメント

座席を伸ばしてフルフラットにする事が出来ます。

3号車は売店・ビュッフェテラスがあります。

4号車は2・4人掛けのテーブル付きダイニング仕様です。

こちらはツアー商品となり、参加者は新潟または庄内の料理を食べながら旅を楽しめます。

(各画像・引用:JR東日本公式HPより)

 

改めて見れば利用者の人数や目的に合わせた座席の構成になっているのが素晴らしいと思います。

 

コンパートメントで寝ながらもいいし、4号車で料理も食べて見たくなって私も今から乗るのが楽しみになってきました。


きらきらうえつと比較してみた

海里はきらきらうえつの老朽化と新潟・庄内DCに合わせて登場する車両です。

いまでも人気のきらきらうえつと比較をして見ていきましょう。

料金

きらきらうえつは快速なので運賃+指定席券520円で乗車できます。

 

海里は運賃+指定席券820円(9月に購入の場合)

840円(10月以降購入の場合)となっています。

料金ではきらきらうえつより高くなりましたが

あくまで300円程度の値上げなので大した違いではないでしょう。

 

4号車のダイニングカーを利用の場合

びゅうトラベルサービスほか旅行ツアー商品として取り扱われます。

出典:JR東日本 新潟支社プレスリリースより 酒田行きの食事

出典:JR東日本 新潟支社プレスリリースより 新潟行きの食事

車内では新潟(酒田行き列車)庄内(新潟行き列車)の名産品を使用した

料理が提供されるほか、鶴岡駅で専用待合室を利用しながらスイーツやドリンクが提供されます。

 

これらコミコミで大人1人13800円で利用が出来ます。

(詳しくはびゅうトラベルサービスへ)

 

きらきらうえつは「休日の旅行利用」の目的がある反面

海里は「鉄道旅を楽しむ贅沢な車両」というイメージですね!
えきねっと びゅう国内ツアー

停車駅

きらきらうえつ 海里
新潟 新潟
豊栄 豊栄
新発田 新発田
中条
坂町
村上 村上
桑川 桑川
勝木
府屋
鼠ヶ関
あつみ温泉 あつみ温泉
鶴岡 鶴岡
余目 余目
酒田 酒田

(レ=通過)

海里はきらきらうえつでは停車した勝木・府屋・鼠ヶ関の3駅に代わって中条・坂町に停車します。

 

 

ダイヤ

  • きらきらうえつ  新潟~酒田 2時間41分
  • 海里       新潟~酒田 3時間7分

比べると海里の方が所要時間が長くなっています。

越後寒川~今川にて 笹川流れを走る特急いなほ

理由は桑川駅での運転停車や今川~越後寒川にある

景勝地「笹川流れ」のあたりで徐行するためです。

日本海の景色をゆっくり楽しめるダイヤになっています。

 

ダイヤの見どころ

桑川駅で下りは20分・上りは30分停車します。

その間は列車を降りて日本海の夕日が見られます。

桑川駅は海に近く、道路を渡ればすぐに海が見られます。

また、「夕陽会館」という道の駅が併設され、そこでお土産を買う楽しみもあります。

日本海の鮭やのどぐろ・イカ関連のお土産品が目を引きます。

鮭だしたまごかけ醤油が個人的には気になります。

車両

  • きらきらうえつ 485系電車 全車指定のモノクラス編成
  • 海里      HBーE300形気動車 全車指定の編成

 

海里では電車ではなく気動車が採用されています。

羽越本線は電化路線なので電車でも良いのですが、

村上~間島で直流から交流に切り替わります。

羽越本線 羽前大山駅付近にて 架線があるけどディーゼルカーが走っている

 

きらきらうえつの485系電車は両方に対応した電車ですが、

製造コストが高いので近年では製造されない傾向になってきました。

一方ハイブリッド式気動車は経由で動き、電化方式に関係なく

製造コストが比べて安くなるので導入されたと思います。

実際「リゾートしらかみ」で乗車した時の感想ですが

ディーゼルカー独特のエンジン音や振動が少なく静かな乗り心地が良い車両でした。

また窓が広く眺めが良いので羽越本線の景色を存分に楽しむ事が出来るでしょう。

さいごに

デビューまでもう少しとなりました。

この列車をきっかけに庄内への観光需要が高まるか期待です。

ディーゼルカーなので磐越西線や只見線・米坂線への臨時列車として運転もできます。

なので今後の運用にも期待できます。

 

なお、きらきらうえつは9月29日までの運転です。

こちらもご覧ください。

-車両図鑑
-, ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.