豆知識コラム

マニアが読んだら止まらない 時刻表復刻版を買ってみた

時刻表」といえば書店で売られているあの分厚い雑誌をイメージされると思います。

最近ではスマートフォン専用のアプリで

手軽に電車の時刻だけでなく乗り換え案内までできるようになり

デジタル化された時刻表は便利になりました。

 

それでもファンの間ではまだまだアナログの時刻表は人気で毎月発売されています。

 

その時刻表が「復刻版」として過去のものが新しく発売されているのをご存知でしょうか?

 

「昔の時刻表なんて意味ないじゃん」

「1500円もかけて買うのはよっぽどマニアなんだ」

と思われる方

 

昔の時刻表は当時の鉄道を最もリアルに映す価値のある資料です。

 

今回は昔の鉄道のダイヤが掲載されている「時刻表復刻版」をレビューします。

 

スマートフォンで読む方法もお知らせします。

お楽しみに!

 時刻表の価値について

時刻表は主に書店で発売されています。

キオスクなど駅の売店でもこのようなコンパクト版が売られています。

価格はそれぞれ1500円・500円となっており、毎月発売されています。

 

そんな時刻表は時刻が分かれば大体は捨ててしまう人がほとんどでしょう。

なので現在よりも前の時刻表は存在しているだけでも価値がついてきます。

それは年月をさかのぼれば上るほど商品価値が何倍にも膨れていきます。

引用:ヤフオクより

例えばネットオークションでは1960年代の時刻表が10000円で出品されています。

また日本一の古書街「神保町」の鉄道誌専門店では1冊1500~9000円で取引され

元の価格の4倍です。

時刻表は「昔のもの」というだけでも価値があるのが分かったと思います。

眺めるだけでも楽しい時刻表

時刻表は眺めるだけでも楽しいです。

鉄道マニアタレントの「タモリさん」も笑っていいとも!の

楽屋に必ず時刻表を置いて読んでいたほどです。

 

何が楽しいのかというと

 

駅名で地名を覚えたりダイヤグラムを見たり

変わった行先の列車を見つけたりと楽しみはたくさんあり人それぞれです。

 

タモリさんは時刻表を毎月購読し、この時間内で○○まで行くには~

など「妄想旅行」をして楽しむのが日課なのは有名な話です。

 

私も子どもの頃にそれをやっていました。

今はアプリで時刻を調べられますが乗り継ぎの前後の列車や

使用される列車の推測

(例えばこの各駅停車は特急の間合い運用で来るからロングシートに座らずに済む)

などアプリではなくアナログの時刻表の方が得られる情報量は多いです。

 

実際の旅行計画でも私は時刻表を使っています。

そして今では捨てずにとっておいてます。

実際に買ってみた

今回私が買ったのは1987年4月号

国鉄から民営化し、JRとなってはじめての年

日本の鉄道の歴史において大きな転換点になった当時のダイヤが掲載されています。

 

その中を見てみると

12ページから路線の索引地図があります。

路線名を見てみると今は廃線になった路線が明記されています。

ここが最初のおすすめポイントでこれが特に北海道が顕著に見られます。

見比べると北海道には縦横無尽に鉄道路線があったことが分かります。

その中でも道東や道北には廃止された路線が多く

草原や紅葉など車窓がキレイな深名線や

遠軽~紋別経由~名寄を結ぶ名寄本線など

廃線が当時はまだあったことがうかがえます。

 

また現在第3セクター路線が転換前の時期だったので

それら路線名が国鉄路線として明記されています。

(例えば木原線・現いすみ鉄道など)

逆に東京地下鉄路線図はスカスカな見た目です。

当時の営団は南北線・副都心線は無く

 

半蔵門線は半蔵門どまり・有楽町線は新富町どまりといったように

地下鉄路線が発展途上なためスカスカな見た目なのです。

 

トラベルニュースのページにはJRが発足したことの他に

寝台特急に2人用個室「デュエット」が登場

スキー客向けの夜行列車「シュプール号」の運転など

新婚・カップル旅行やスキーブームに力を入れていた時代だったことが分かります。

新幹線の時刻表を見ると各路線に速達と各駅タイプの2通りしかなく

行先や目的別に名前が多様化した現在とは大きく違います。

 

そんな中で気になったのが「食堂車」の欄

新幹線に食堂車がついていたのは知っていましたが

列車ごとに担当する食堂が違うのが興味深いです。

東海道新幹線では日本食堂の他帝国ホテルや都ホテルといった一流の有名レストランが参加していたようです。

ということは食堂車のメニューも各々変わってくるのか?

 

気になります!

東京から九州・東北を結ぶ寝台列車もまだまだ多く

上野発の夜行列車は30本もありました。

ブルートレイン世代に完全に乗り遅れた私にとって

こんな時代があったのが信じられないといった感じです。

 

最後は全国の宿泊先の一覧や広告が140ページにわたり細かく書いてあります。

今では宿泊予約はネットやアプリで予約するのが当たり前ですが

インターネットがない時代は時刻表から調べて電話で予約するのが当たり前だったんですね。

 

時刻表復刻版をネットで見る方法

今回は実物を参考にレビューを進めましたが。

ネットでも見る事が出来ます。

 

一番オススメなのはAmazon kindleです。

利用方法について

1.iphoneの方はApplestoreから androidの方はGoogleplayから

「kindle」アプリをダウンロードします。

 

2.サインインします。

  アカウントが無い場合はAmazon公式サイト内でアカウントの作成を行ってください

 

3.支払方法はクレジットカード・デビットカード・携帯料金決済の3通りです。

  アカウントの作成時点でクレジットカード情報を登録している方はそのまま利用できます。

 

  初めての方はクレジットカードの登録をお忘れなく

  デビットカードの他プリペイドカードも一部使えます。

 

そして「時刻表 復刻版」と検索し、購入するとお使いのスマホにダウンロードされ

いつでも好きな時に読む事が出来ます。

 

ここから時刻表復刻版 1964年10月号がすぐに読めます!

 

しかしちょっと待ってください!

更にお得に読めるプランがあるのでこちらもご覧ください

kindle unlimitedで読む

kindle unlimitedとは200万タイトルの本が月額980円で読み放題というお得なプランです。

 

時刻表復刻版は定価で購入すると1冊1500円ですが

unlimitedだと1冊980円で購入可能!

これだけで定価より520円お得なだけではなく

他の時刻表も自由に読み放題です。

 

時刻表だけではなくマンガ・小説・週刊誌も対象の書籍は全て読み放題

もちろん鉄道関連書籍も入っています。

 

デメリット

  • 月額なので全く読まなければ損
  • 利用を停止しない限り更新・料金が請求される
  • 利用を停止すればダウンロードした書籍は購読できない

 

月額制なので利用を続ける限り時刻表を読む事が出来ます。

 

初めて使用される方は初回に限り30日間無料でお試しが出来ます。

くわしくはこちらから↓↓↓↓

 

さいごに

いかがでしたか?

時刻表のレビューということでここまでの事は誰もやったことが無いはずです。

結構チョイスに難航しました。

 

古本屋やネットオークションより定価で買った方が安く読む事が出来ます。

kindleであればスマートフォンで手軽に読めてかさばりません。

 

本当に便利な時代になりましたね。

 

鉄道の中でも国鉄ファンや時刻表・ダイヤに興味がある方には

読むことで楽しさが伝わることと思います。

 

百聞は一見に如かずです。それでは



Raiⅼ Magazineがスマホで読めます‼

-豆知識コラム
-, ,

© 2020 レイル・ログ Powered by AFFINGER5