車両図鑑

赤いパワフル機関車 貨物列車を引く「金太郎」について

更新日:

今回から「貨物列車」について詳しく知りたいという方に応えて

貨物列車に関する情報を提供したいと思います。

先日たまたまYahoo知恵袋でこのような質問を見つけました。

「貨物列車の金太郎はどこに行けば見れますでしょうか?
さいたま新都心駅や大宮駅、南越谷駅に行きましたが時間帯が悪かったのか金太郎は見れませんでした。」

「貨物列車の金太郎と桃太郎の違いって何ですか?」

Yahoo!知恵袋より

このような質問がたくさんありました。

貨物列車に着いて詳しくない方にとっては狙って遭遇するのはなかなか難しいこととは思います。

 

1回目は貨物列車の顔となる機関車

その中の一つ「EH500形」通称:金太郎について

実際の画像付きで解説していきます。

 

様々な秘密があるので興味のある方はぜひご覧ください!

今回参考にした書籍はこちら

EH500形とは?

JR貨物が東京~東北・北海道向けの貨物列車に向けて開発した電気機関車

愛称として「ECO-POWER(エコパワー)金太郎」と呼ばれています。

他にもファンの間からは「キンタ」「マンモス」と

その力強い見た目からそう呼ぶ人もいます。

なんで金太郎なのか?

同じ時期にEF210形が東海道・山陽本線向けに登場しました。

この時初めて配属されたのが「岡山機関区」で

桃太郎伝説で有名な岡山県から「ECO POWER(エコパワー)桃太郎」と名づけられました。

 

それにならってEH500形には「金太郎」の愛称が付けられました。

どこで見られるのか

金太郎が定期的に走る区間をピックアップしてみました。

参考までにどうぞ

路線 区間

東北本線 

田端~盛岡
IGRいわて銀河鉄道・青い森鉄道 盛岡~青森
常磐線 田端・隅田川~泉(福島県)
高崎線・信越線 大宮~安中
武蔵野線 新鶴見~越谷
奥羽本線 秋田~青森
山陽本線・鹿児島本線 幡生~福岡貨物ターミナル

東北本線を中心に北は青森・南は新鶴見機関区まで

その運用はかなりの広範囲に渡ります。

 

中でも一番見られる確率が高いのは東北本線黒磯~仙台です。

ここからは私の感覚での話ですが

仙台地区ではほぼ全ての貨物列車の担当は金太郎となっています。

しかも東北・北海道方面へのメインルートとなっているので

日中でもかなりの本数が走っています。

というか・・・金太郎以外の機関車は走っていません。

ここまでなら間違いなく遭遇できますがさすがにお金がかかるので

関東であれば宇都宮線南浦和~大宮あるいは武蔵野線の新座~西浦和あたりがおススメです。

武蔵野線 西浦和駅にて 電車以外にも様々な機関車が見る事が出来てお得感アリ

特に小さいお子様がいる方には東京から近いのといろんな機関車が見られる

宇都宮線か武蔵野線の方が飽きが来なくていいかと思います。


もっと詳しい時間が知りたいという方へ

一般的に貨物列車の時刻は知っているという人はいません

その筋に詳しいマニアや詳しいママ友などに聞けば分かると思いますが

このようなコネクションが無い方でも貨物列車の時刻を知る方法があります

それは・・・

貨物時刻表を買ってみて下さい

 

貨物時刻表とは?

引用:乗り物ニュースより

文字通り貨物列車の時刻が載っている時刻表で、1年に1回発行されています。

 

書店・または鉄道貨物協会公式HPから通販で購入できます。

 

(取り扱う書店についてはこちらをご覧ください)

 

ただし、この時刻表でわかるのは貨物列車の時刻です。

担当する機関車までは記載されていません。

また、貨物列車は遅れることが多いので参考程度にとどめておいてください。

基本データ

登場:1997

製作:東芝府中事業所

両数:82

出力:4000kw1時間定格)4520kw30分定格)

所属:仙台総合鉄道部・門司機関区

対応電源:直流1500v・交流50㎐・6020000v

車体長:25m

主な運転路線:東北本線・武蔵野線・常磐線など

同じ金太郎でも見た目が違う?

金太郎は製造された時期によって色やデザインが違っています。

ちょっとわかりづらいかもしれませんがこのあと見てみる時に楽しみが増える事でしょう

試作機(901号)

東北本線・長町駅にて 901号機の製造当初は長町機関区に所属していた。

1997年に制作された試作タイプで1両のみ

鮮やかな赤をベースにした車体が特徴的です。

1次量産車

東北本線・館腰駅にて

試作機のデザインをそのままに量産された金太郎

色が鮮やかな赤からえんじ色といった深く暗めの赤色に変更されています。

2次量産車

東北本線・館腰駅にて ここから外見で違いがはっきり出る

1次量産車と配色は一緒ですが、前照灯(ライト)の位置が

運転席真下に移動しています。

そしてライト周辺を白いラインで囲っているのも試作機・1次量産車とは

外見上で見られる違いです。

3次量産車

東北本線・岩切~陸前山王にて

今現在、金太郎の中で最も両数が多いのがこちらのタイプです。

外見上は2次車ですが、配色が試作機と同じ鮮やかな赤色に戻されています。

都心への乗り入れや関門トンネル専用機として幅広く活躍しているタイプです。

 

金太郎のここがすごい

ではEH500形金太郎がどのくらいスゴイ機関車なのか見ていきましょう!

圧倒的なパワー

東北本線・東仙台~岩切にて 20両以上のコンテナ車を引きながら100km/hで走る様子はザラに見られる

まずは他の機関車とはけた違いのハイパワーさです。

機関車のパワーを表すのが「モーター出力」ですが

金太郎は4000kwhと実は日本で2番目に強力な機関車なのです。

分かりやすく比較してみると・・・

例えば3人家族が使用する電気使用料は1か月で

370kwh(総務省調べ)なので

年間4440kwhとなります。

つまり、金太郎が1時間で出せる出力は

3人家庭の1年間で使う電気量に匹敵するほど強いということになります。

 

それだけのパワーであの長い貨物列車を引っ張っているのがいかにすごいか分かります。

 

かつて東北本線ではED75形という小さな電気機関車が貨物列車を引っ張っていました。

岩切駅にて 現在JR東日本に5両が在籍 貨物以外にブルートレインも引いていた

ED75形は1900kwhなので

金太郎はその2台分以上のパワーを出せるようになっています。

機関車の付け替えがいらなくなった

どういうことかといえば

 

日本の鉄道は直流交流非電化に分かれています。

非電化では電気ではなく軽油で動くディーゼルエンジンで走ります。

引用:関西電力HP直流・交流って何のこと?

直流と交流の2通りの電気に分かれているので

その境界では機関車を付け替えなくてはなりません。

車で言ったら雪道を走るときは冬タイヤに履き替えなければ走れないですよね?

交換しなければ走れない点では一緒です。

EF210「桃太郎」は直流専用なので交流電化では走れない

しかし金太郎は交直どちらにも対応できるように出来ているので

電気があればどこでも走る事が出来ます。

青函トンネル向けにも対応

 

引用:DVD「客車鈍行」より ドラえもんが書いてあるED79形は青函トンネル専用機関車

また、北海道へ渡るときは青函トンネルをくぐります。

この時トンネル内で緊急停止できるように特殊な装備をした列車しか通過できない決まりがありました。

なので青函トンネルの前に専用の機関車に付け替える必要がありましたが、

金太郎にはその設備もあるので付け替える必要がありません。

 

つまり

東京~函館まで1台の機関車で運転できるのが金太郎最大のメリットです。

こうすることでロスタイムを減らして運転する事が出来ます。

 

勾配に強い

勾配=坂道と解釈してください。

 

貨物列車にとって勾配は天敵です。

きかんしゃトーマスより 勾配で止まれば強い機関車でも越えられない

なぜなら勾配を登り切れずに止まってしまったり逆走する危険があります。

東北本線には福島県の国見峠や岩手県の十三本木峠

青函トンネル内も海底をくぐるので勾配がきつくなっています。

東北本線・貝田~越河にて 福島県と宮城県の県境に峠が跨る

先ほど言ったパワーをもってすれば勾配でも立ち往生せずに走り抜けられます。

さいごに

いかがでしたか?

ここまで読んで金太郎ことEH500形の魅力が伝われば幸いです。

もし仙台や福島へ観光にいらした際は金太郎を見て行ってください。

貨物列車の先頭に立って力強く走る機関車というのは

年齢関係なくかっこいいと思えるのが不思議だとおもっています。

不定期的ですがこのように貨物列車に着いての記事を更新していこうと考えています。

それでは!

-車両図鑑
-, , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.