車両図鑑

さよならチキ・・・変わる工臨の運用

鉄道、特にJR東日本の中で一つの変化が起こっています。それは工臨の気動車化、機関車が貨車を引いてレールを運搬してきた時代が終わることを指します。

特に、仙台地区ではレール運搬用の貨車「チキ6000形」や、ロングレールを運搬する「ロンチキ」が相次いで廃車になっています。

今回はマニアしか知らない「工臨」が変わると題して、その変化を見てみましょう。

スポンサーリンク



工臨とは?ファンが注目する列車

工臨・正式には「工事用臨時列車」と言い、ファンの間で呼ばれる工臨は主にレールを運搬する列車を指します。

レールは製鉄所で作られたものをそのまま出荷するか、港まで船で運び、そこからレール運搬用の貨車に平積みにして運ぶのが一般的です。

この工臨と言う列車。時刻表には載っておらず、平日の昼~深夜にかけて走るので、普通ならばその姿は滅多にお目にかかれません。

そして、レールを運搬する貨車は機関車にけん引されて走ります。かつてブルートレインや客車鈍行が走っていた時代と比べると、機関車が走る光景自体がめずらしく、その貴重さから鉄道ファンがこぞって注目します。

工臨はレール以外にバラスト(線路に敷く砂利)も含みます。

 

工臨を目当てに注目するのは写真を撮影する「撮り鉄」が多いです。特にロンチキとなると、10両以上の貨車を牽引することになるので絵面が良いのです。

しかし運転日や時刻が公表されておらず、まして平日に運転されているので、写真に収めるには情報源の確保。または運とタイミングの良さが大事となります。

工臨の運用につく新型車両・キヤE195系

そんな工臨用に新しく導入されたのがキヤE195系という車両です。2017年に試作車、2020年に量産車が落成され本格的に運用デビューしています。

これまでの工臨と違うのは「自走できる」点です。キヤE195系はディーゼルエンジンを積んだ「気動車」なので機関車で牽引する今までのスタイルとは違います。

JR東海がキヤ97形として先駆けて導入したレール運搬車とほぼ同じで、製造から性能・デザインまでJR東海のそれとまるで一緒です。

JR東日本には直流電化・交流電化・非電化の3種類に分かれており、これまでは機関車を付け替えることで遠方まで運んでいました。しかし機関車の付け替えは結構手間がかかるため、元から電気がいらない気動車方式を採用しました。

ロンキヤことロングレール仕様キヤE195系

また、同じ形式でも普通のレールを運搬する「定尺用」と、ロングレールを運搬する通称「ロンキヤ」の2種類に分かれているのが面白いですね。

現在、定尺用のST-1・8~17編成が東京の尾久車両センター、ST2~7編成が宮城の小牛田車両センターに配属されています。

ロンキヤは小牛田運輸区所属で、現在不定期的に運用についています。

スポンサーリンク



レール運搬の主役だった「チキ」とは?

では、キヤE195系に代わられたチキとはどんな車両だったのでしょうか?

チキにはキヤE195系のように、定尺用のチキ6000形とロングレール用のチキ5500形の2種類があります。

レールのような長いものを運ぶ役割があるので、「長物車」と昔は呼びましたが、今ではチキとファンの間では呼ばれています。

コンテナ車から改造されたロンチキ・その面影がある

チキの「チ」は材木を英語でtinderと言うところから頭文字のチを取っています。

元々はコンテナ用の貨車・コキ5500形を改造してチキ6000形が登場しました。また、ロンチキ用のチキ5500形は同じくコンテナ用の貨車・コキ50000形を改造して登場しました。言われて見ると今でも貨物列車で見かけるコンテナ車と似ています。

チキの利点として、機関車を付け替えればどこでもレールを運べることがあげられます。JR東日本には直流電化・交流電化・非電化の3種類に分かれているので、機関車を付け替えることで遠方まで運べます。

仙台地区ではキヤE195系が登場したことで、チキ6000形は全て廃車。ロンチキは廃車後、越中島に所属していた1編成が転属されています。

スポンサーリンク



今後の工臨はどうなる?

キヤE195系は定尺用に13編成、ロングレール用に1編成が導入されています。しかし一部ではまだ機関車による工臨が運転されています。

JR東日本においては機関車は全て国鉄型の古い機関車ばかり製造から40年以上経ち故障するリスクなど多いのでレール運搬用の車両がこれからも導入されるでしょう。

レールだけではなく、バラストを運搬する「ホキ」という貨車にも廃車され始めています。

おそらく、バラスト運搬用の気動車が製造されるかもしれません。(事実そういう話を耳にしました。)

機関車が貨車を引いてレールやバラストを運搬するスタイルは確実に消えることでしょう。

工臨の時刻を調べる方法について、詳しくはこの記事↓↓↓

コネなしが1人で調べた!臨時列車の時刻を調べた方法を解説!!

鉄道ファン・中でも写真撮影がメインの「撮り鉄」の方のSNSアカウントを見るのが楽しみで、そういった方は大勢いることでしょう。 Twitterを見てみると、時刻表にのっていない列車の写真がありますが、「 ...

続きを見る

甲種輸送について、詳しくはこちら↓↓↓

電車ってどうやって運ぶの? 電車を運ぶ「甲種輸送」とは?

皆さん、特に鉄道についてあまり詳しくないという方、電車はどのようにして運ばれてくるか知っていますか?   「え?運ばれてくるの?」 「出来たら工場から走ってくるんじゃないの?」 「トラックに ...

続きを見る

スポンサーリンク





Raiⅼ Magazineがスマホで読めます‼

-車両図鑑
-, ,

© 2020 レイル・ログ Powered by AFFINGER5