旅行

SLに乗って紅葉を見に行こう 森と水とロマンの鉄道 磐越西線紹介

更新日:

9月に入り涼しくなったと思ったら台風や残暑が厳しい季節となりましたが

いかがお過ごしでしょうか?

これがすぎたら秋だと思うと待ち遠しくなります。

秋といえば「紅葉」が思い浮かびますが、

私はこの「紅葉」と鉄道の組み合わせが大好きで

出来る事なら毎日どこかしらで写真を撮ったり乗って車窓から眺めたいと思っています。

私と同じく紅葉撮り鉄の方に向けた路線を紹介します。

参考までにご覧ください。

鉄道アーカイブシリーズ 磐越西線の車両たち 会津春夏篇 [DVD][36]
created by Rinker

紅葉がキレイな路線「磐越西線」

磐越西線は山あいを縫い、川に沿って走るローカル線で

特に紅葉の時期には全国から多くの観光客が乗りに集まります。

 

10~11月には沿線の木々が赤く色づいてキレイな紅葉となります。

特に今年は紅葉と銘打った臨時列車が多数設定されています。

2019年磐越西線の臨時列車 引用:JR東日本新潟支社プレスリリース

磐越西線とは

磐越西線・福島県郡山駅~新潟県新津駅を結ぶ全長175㎞の幹線です。

春には桜や磐梯山・夏は緑・冬は雪深く

四季によってその風景はガラリと変わるのが特徴です。

以前は多くの臨時列車が走るバラエティ色が濃い路線でした。

 

運転は郡山~会津若松・会津若松~新津で分かれています。

郡山~会津若松は電車で運転され、2~4両の普通列車が走ります。

長町駅にて 通常は快速として普通車両を連結する

今は観光列車「フルーティア」が人気で

電車に乗りながらスイーツと紅茶が楽しめると女性の間で好評です。

磐梯山や猪苗代湖といった名所の他

磐梯熱海温泉や猪苗代淡水魚館などレジャーでも楽しめます。


会津若松~新津は喜多方駅を境目に非電化なのでディーゼル列車が中心に走ります。

普通列車には国鉄型気動車キハ40系が多く使われているので

鉄道ファンの間で人気の路線です。(2019年度で引退予定)

翁島~磐梯町にて 国鉄型のキハ40系が今なお現役で走る

山あいや田園・清流阿賀野川に沿って列車はゆっくり走るので

この区間に限り「森と水とロマンの鉄道」のキャッチコピーがつけられています。

鉄道アーカイブシリーズ 磐越西線の車両たち Part-2 会津秋冬篇 [DVD][kn]
created by Rinker

ばんえつ物語について

1999年4月27日から運転されたSL列車

機関車は「貴婦人」と呼ばれた旅客機の花形

C57形180号機

客車は12系を改造した専用客車

計8両で運転されます。

区間は新津(当初は新潟)~会津若松を3時間30分で結びます。

関連記事はこちら

沿線の観光

ここから沿線のおすすめスポットを紹介します。

新津駅

新潟県の始発駅

磐越西線のほか、信越本線・羽越本線が接続する要衝となっています。

駅の西側には広い車庫があり、沢山のディーゼルカーが運転までの間メンテナンスされています。

SLの転車もここで行います。

アクセスは新潟駅から普通電車で20分強

新津鉄道資料館には新潟の車両が展示されている。 485系・ラッセル車・200系新幹線もある

鉄道の街として知られ、新津鉄道資料館では新潟にゆかりのある車両が展示されています。

咲花駅

咲花駅先にて 満開の桜とSLの運転日が合わず葉桜になってしまった

阿賀野川沿いの温泉地で駅からすぐ近くに温泉旅館があります。

また、沿線一の桜の名所でソメイヨシノの桜並木とSLのコラボレーションが

見られるとあって全国から写真撮影に訪れます。


津川駅

新潟県阿賀町の中心にあり、津川温泉や三川温泉の最寄り駅となっています。

SLはここで石炭と水の補給のために15分間停車します。

その間、旅の思い出にSLとの記念撮影を行ったりと乗客たちがにぎわいだします。

 

さて、津川には5月3日に「狐の嫁入り祭り」が行われます。

狐の嫁入りと言えば一般的には「天気雨」ですが

狐の嫁入りまつり 参加する男女はその年に入籍する夫婦に限られる

これは戦国時代に現れた「狐火」の言い伝えから来ているまつりで

狐に扮して嫁入り行列が街を練り歩くファンタジーのようなお祭りです。

これにちなんで津川駅前には白無垢の狐がいますが

ホームにはばんえつ物語のマスコット「オコジロウの家」なるモノがあったりします。

オコジロウ・山に住むイタチ科の小動物の「オコジョ」をモチーフにした

フェレットのように愛くるしい動物です。

15分の停車時間で遊ぶスペースとして作られ

日によってはオコジロウと彼女のオコ美が乗客を出迎えてくれます。

なんとも微笑ましいですが、ちなみにこの2人

結婚してます。

大宮鉄道博物館で2人は挙式した。

ガーーーーン( ゚Д゚)

 

気を取り直して次は

日出谷駅

山あいの無人駅で快速「あがの」は通過します。

日出谷駅舎 待合室にはSLの写真が飾られている

駅舎はそれなりで、地区の公民館を兼ねた作りになっている無人駅です。

ここから線路は山と川を縫うように走り、同時に紅葉が一番きれいな区間に差し掛かります。

特に(豊実~徳沢)は撮影者の間でも最も人気の区間です。


やがて田んぼに差し掛かり停車する駅は

野沢駅

西会津町の中心駅でここを始発にする列車も設定されています。

ここのおススメは「馬肉」です。

西会津町は馬肉の生産が多く馬肉が食べられる料理屋が多くあります。

馬刺しのほか、珍しかったのが「馬丼」

馬丼 牛丼ふうに味付けられたどんぶりは700円  同気食堂にて

牛丼の肉を馬肉にしたもので脂身が少なく旨みが多いので食べやすくおいしかったです。

しかも、馬丼の方が牛丼より安い

野沢を訪れた際はどうぞ食べてみては?

山都駅

喜多方市山都駅には写真で見たことがある超有名撮影地

一ノ戸川橋梁」の最寄り駅です。

磐越西線最大にして最古の鉄橋です。

1908年にかけられ、今年で111年目

当時は東洋一と言われたほど巨大で会津で「鉄橋」といえばこの鉄橋を指しています。

特にSLの運転日には多くのカメラマンが集中して訪れるほど写真映えすると人気です。

立ち位置が良ければ鉄橋と列車がキレイに収められる

山都の魅力 もう一つは「蕎麦」です。

喜多方市といえばラーメンですが、山都といえば昔からの蕎麦産地です。

特徴はつなぎを使わない十割蕎麦

細く白い麺でそのまま食べても蕎麦の香りが鼻を抜けるほど風味豊かです。

駅付近の蕎麦屋で行ってまず間違いないのが

飯豊とそばの里センター」です。

そしてここから峠を下ると会津の街並みが見えてきます。

そして最初に着くのが

 

 

喜多方駅

喜多方は蔵の街でもありラーメンが朝から食べられる街です。

会津若松行き列車や鬼怒川温泉行き列車が発着するなど交通の便がいいのも特徴です。

詳しくはこちらの記事に詳しく掲載しています。

そして終点は・・・

会津若松駅

言わずと知れた城下町

鶴ヶ城をはじめ、白虎隊の墓といった史跡

ソースかつ丼や幸楽苑の前身会津っぽで知られる会津ラーメン

絶景路線・只見線や温泉地行きの会津鉄道が接続します。

会津若松駅にて 第三セクター・会津鉄道は芦ノ牧温泉などを結ぶ

さいごに

いかがでしたか?

新潟地区からキハ40系が引退することが決まり、

磐越西線の紅葉と絡めて撮影する最後の機会となってしまいました。

尾登駅にて オリジナル色を含め全てが引退するのが決定している

SLもそうですがどういうわけか国鉄型と自然の風景は写真に収めると相性が良いです。

旅行で訪れる方にとってもゆっくり走る中で紅葉を見てみて下さい。

そして日帰りもできるのですが只見線やSLもキレイに

紅葉が見られるので1泊することをオススメします。

 

またばんえつ物語の詳しい撮影地についてまとめた書籍があります。

こちらです。参考までにどうぞ

SLばんえつ物語撮影ガイド 磐越西線フォト紀行/一城楓汰【1000円以上送料無料】
created by Rinker

それでは!

-旅行
-, , , ,

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.