車両図鑑

時速360㎞ !!シンカリオンで話題のALFA-Ⅹについて徹底解説!!

更新日:

 

今、子どもたちのあいだで新幹線がロボットに変形して戦うアニメ「シンカリオン」が流行っているようですね!

私はリアルタイムで見ていなかったのですが、なんでも大人でも楽しめる新幹線ネタにこだわっていて一緒に見ているお父さんお母さんも楽しめるとTwitterで常に話題になっていました。

そして2019年12月に映画化されるとのことでこれをきっかけに今BSの再放送を追っかけてみています。

そんな映画のタイトルが

「新幹線変形ロボ シンカリオン 未来からきた神速のALFA

なのですが、ALFA-Ⅹって聞いたことないと思った方は多いはず。

PVを見るからにかっこいいのですが、

シンカリオンで新幹線が好きになった子どもたちや鉄道ファンの注目を集めている一方で

その正体は詳しく明かされていません。

ALFA-についてどんな新幹線なのか

実際の画像付きで解説していきます!

 

 

見逃した方はこちらから!!

 

ALFAーⅩってどんな新幹線?

2018103JR東日本が新たな新幹線車両の開発に取り組んだと発表しました。

 

その車両はE956形 通称ALFAーⅩ(アルファ・エックス)」

JR東日本・プレスリリースより

その見た目はE5系はやぶさやN700系のぞみと比べて先頭の形状がより長く、より鋭くなっているのが分かります。

そして、近未来を感じさせるロゴマークや飛行機のような小さな窓が特徴的です。

現段階では360km/hで走行していますが、400km/hで走るくらいの性能を持っています。

もしかしたら「日本の新幹線が世界で一番早い」と呼ばれる日が来るかもしれません。

 

新幹線が誕生してから ALFA-の登場まで驚くくらい変化を感じます。

開発の目的とは?

JR東日本が「変革2027」という経営ビジョンの中に「次世代新幹線の開発」が盛り込まれており、2027年までにALFA-で得られた試験データから新しい新幹線車両を開発すると思われます。

また、2030年度には北海道新幹線が札幌まで延伸開業するのでそのための新型車両の開発の必要があるはずです。

近い将来東京から札幌まで新幹線で行けそうです。

しかし、今のままでは札幌行きの新幹線は問題を抱えたまま開業することになります。

スピードアップを目指す

現在、東北新幹線で最も速い列車は「はやぶさ」で新函館北斗まで最速で4時間で結びます。

しかし、東京~函館のアクセスでは新幹線は不便なところが多く、飛行機での利用が上回っているのが現状です。

新函館北斗駅も函館市街から大きく離れているので北海道新幹線は札幌まで開業してこそ

本領を発揮するとまで言われています。

それでも現在のままでは東京から札幌まで5時間以上かかると予想され、飛行機と比べれば明らかに不利な状況です。

その理由の一つが整備新幹線法です。

北海道新幹線はこの法案に基づいて建設された新幹線で北陸新幹線や九州新幹線もおなじです。

この法律の中には「最高時速260㎞で運行する事」と決められています。

理由は騒音・振動が沿線に郊外とならない上限速度だからだそうです。

実際、「はやぶさ」が最高時速320㎞で走るのは宇都宮~盛岡だけで、

盛岡~新函館北斗は時速260㎞と大きくスピードダウンしてしまいます。

予想ではありますが、ALFA-での走行データから騒音・振動が沿線の迷惑にならない数値をクリアすることで全区間で360㎞運転ができるのではないでしょうか?

それが実現すれば東京~札幌を4時間台で結ぶことが可能となります。

車両について徹底解説

デザイン

出典:JR東日本プレスリリースより

先頭車両を見てみるとはやぶさのE5系より鋭く長い鼻が印象的です。

より騒音や振動の元となる「空気抵抗」を抑えるための形状となっていますが、

東京より1号車は鼻の長さが16m・盛岡より10号車は22と車体のほとんどが鼻という前代未聞な車体です。

これは将来、1両丸々鼻だけになりそうな気がします。

 

お気づきかと思いますが1号車と10号車では先頭の形状が違っています。

かつての試験車両も前後で違う形の先頭車両を採用していました。

今回の試験走行での結果によってどちらの形状が採用されるかが決まります。

1号車は前照灯が下について後尾灯が運転席した中央に設置されています。このあたりも走行性能に関係しているのでしょうか?

10号車はE5系はやぶさに似たアローラインです。

災害に強い新幹線を目指す

安全で快適な新幹線輸送を実現するために災害への対策が施されています。

地震対策

屋根には「空気抵抗版ユニット」が取り付けられています。

これは時速360㎞で運転中、地震が起こった場合、板が開いて空気抵抗で 減速するものです。

JR東日本プレスリリースより

また台車には振動と温度を感知するセンサー・レールに近づけて磁力で減速する電磁石が備わっています。

雪への対策

東海道新幹線とは違い、東北・北海道新幹線で問題となるのが「」です。

東日本の新幹線に共通しているのは雪が台車に入って凍り付かないように車体の下の部分はほとんど覆ってあることです。

ALFA-もおなじです。

さらに湿気が少なく、粒が細かい北海道の雪「パウダースノー」が影響しないような台車となっています。

JR東日本プレスリリースより

客室の空調も氷点下10度にもなる冬の北海道の気温でも対応できる強力なエアコンを採用しています。

ALFA-を見るには?

現在、仙台~新青森にて定期的に試験走行が行われています。

しかし、試験は深夜~早朝で沿線から見られる時間はほとんどありません。

 

なので私が一番おススメする確実にかつ安全に見られる方法をお伝えします。

 

それは22:30までに仙台駅の新幹線ホームに行くことです。

仙台駅13番線に入線しました。

ALFA-おおよそ22:40に仙台駅に入線します。

私が行ったときは13番線でしたが下りホームの1112番線に入線する可能性もあります。

入線については駅員さんに聞いてみるのもありでしょう

そして発車が23:18なので30分くらい撮影するチャンスはあります。

上りはやぶさとこまちと並ぶ、こうしてみると先頭は似ていなくもない?

停車位置はホームの東京寄り、はやぶさが停車する位置と覚えやすいかと思います。

夜のホームは薄暗いのでスマホのカメラやISO高感度のカメラがおススメです。

はやぶさの停車位置に止まります。

仙台市近郊であれば終電には間に合いますが

遠方から来た方は宿泊された方が良いですね。

 

朝は5:00に仙台駅に入線します。

残念ながら新幹線ホームは開いていません。

東口の高い建物から俯瞰で撮影する方法もありますが迷惑にならない程度でお願いします。

また10月に入れば朝の撮影は難しくなるので夜に仙台駅ホームで撮影されるのをオススメします。

 

ちなみに試運転日をまとめたツイートがあります。私もこれを参考にさせてもらいました。


まとめ

いかがでしたか?

 

E5系はやぶさを上回る次世代新幹線の登場にわくわくしてきますよね?

私も実物を間近で見たときはテンションが上がりました!!

さて、「劇場版シンカリオン 未来から来た神速のALFA-」の公開が12月に迫っています。

その前に1度、実物を見てみるのはいかがでしょうか?それでは!!

-車両図鑑
-

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.