車両図鑑

日本全国・特急で活躍した 485系

更新日:

485系とは

当時の日本国有鉄道(以下国鉄)が設計・製造した特急型車両です。

 

ここでは後述の481系・483系・489系を含めて485系の紹介とします。

車両仕様

製造年 1964~1979年
両数 1453両
運用開始日 1964/12/25
最高速度 120㎞/h(一部130㎞/h・140㎞.hあり)
車体素材 普通鋼
対応電源 直流1500v

交流20000v(50・60㎐)

保有事業者 日本国有鉄道

JR東日本

JR西日本

JR九州

形式の違い 481系(直流・交流60㎐)

483系(直流・交流50㎐)

485系(直流・交流50/60㎐)

489系(直流・交流50・60㎐・協調運転仕様)

構想としては1950年代半ば、北陸・東北・九州地方の路線に設備コストの安い(交流電化方式)を採用し、直流区間と交流区間の2種類に分けられました。

そして、特急網が全国に拡大されていく中で交直両方で運転できる特急型車両の開発することになりました。

1964年に西日本向けに481系・1956年に東日本向けの483系

1968年に電化区間全てに対応出来るようマイナーチェンジされた485系がそれぞれ特急としてデビューしました。

1971年には信越本線の横川~軽井沢間(現在は廃止)の碓氷峠越えのために

補器を務めるEF63と一括で運転制御ができる派生型489系がデビューし、

特急あさま(上野~長野・直江津)や特急白山(上野~金沢)として運用されました。

 

鉄道車両の性能として非常に優秀で万能だったため、JR化後も含め50年以上日本全国で活躍したことになります。

 

外観として当初は151系のデザインを受け継いだ前面が大きくせり出し、丸みを帯びた車体。

俗にボンネットスタイルとなっていました。

京都鉄道博物館で展示される489系・先頭がせり出したボンネット型は特急列車の象徴でした。

485系では183系と同じ貫通型で設計され、先頭車のデザインが大きく違う所も485系の特徴です。

配色はクリーム色をベースに赤の帯をあしらった国鉄特急色でした。

485系貫通型 先頭形状が平らで運転台が高く視界が良くなっている。

その後、JRに引き継がれた後、路線や特急ごとに車体のデザインを変えることになり、

結果同じ車両でもバリエーションが豊富な車両という鉄道車両では稀な特徴があります。

新幹線開通後の活躍と改造された485系

かつて日本の特急ネットワークは上野駅と大阪駅の2か所が拠点となり、

上野駅からは東北・信越・北陸方面、大阪駅からは北陸・山陽・九州方面へ伸びていました。

その後1964年に東海道新幹線、1972年に山陽新幹線が博多まで開通し、新幹線の駅を拠点に特急が接続し、枝のように伸びる特急網に変わっていきました。

そのためかつて8~12両で編成されていた485系特急は5・6両程度に収まり、食堂車が廃止されるなど徐々に短くなっていきます。

編成が減らされる一方で新幹線とのアクセス利便性を上げるため、運転本数が増やされます。

出典元:全国の列車ガイド 特急にちりんなどで活躍した485系 3両で構成された最も短い編成でJR九州オリジナルの配色となっています。

そのためこれまで中間車だった車両に運転台を取り付ける改造が施されます。

これによって新しく485系を製造するよりコストがかからずにねん出する事が出来ました。

廃止された食堂車はといえば...

あの豪華寝台列車として人気を博した北斗星・トワイライトエクスプレスの食堂車両として客車として改造されました。

車両の形式は違っても食堂車として調理設備や機能が整っているので無駄にならないどころかむしろグレードアップしたのではないでしょうか。

出典元:店長のブログ  北斗星で使用された24系客車の食堂車

京都・兵庫を含む北近畿地区には特急こうのとりやはしだてで運用されるために車両から交流機器を取り払われ、「183系700番台」に改番された車両も登場しました。

 

1990年代に団体で貸し切りで走れるグレードアップした編成として多くの485系が改造を施されます。

これを「ジョイフルトレイン」といい、臨時列車や団体旅客列車として現在も活躍しています。

オススメDVD

485系関連のDVD作品です。興味がある方は見ることをオススメします。

-車両図鑑

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.