DVDレビュー

現役当時のフィルム映像を収録した。ニッポンの蒸気機関車 D51とその仲間たち・レビュー

更新日:

作品名: ニッポンの蒸気機関車 D51とその仲間達

製作:TBS

販売元:ポニーキャニオン

本編映像:52分

発売日:2000年9月20日

定価:4700円(税抜)


★日本人の魂ともいえる文化、蒸気機関車!
★時代とともに記憶の彼方に置き去られた思い出を次世代へ残す!
★今ではもう観ることのできない貴重な映像を再編集DVDでリリース!
●当時のフィルムに残された貴重な映像は、鉄道ファンならずとも思わず見入ってしまうほどの感動と切ないロマンを与える一大叙情詩。
●黒く力強い蒸気機関車が、美しいふるさとの風景を縫って走る、もう二度と出会うことのできない懐かしい映像記録。
●三重連や三段式スイッチバックで急勾配を喘ぎながら登る姿は、高度成長時代を黙々と働き、駆け抜けた世代たちとオーバーラップする・・・そんな日本人の心の原点を感じさせる蒸気機関車たちをこれからの若い世代にも伝えたい。


出典元:ポニーキャニオン映像作品紹介

今回もご覧いただきありがとうございます!

こちらでは「 ニッポンの蒸気機関車 D51とその仲間たち 」について

レビューしていきます。

日本の蒸気機関車の代名詞的存在、「デゴイチ」ことD51形を中心にⅮ型機関車を収録した作品です。

デゴイチファンの方々には是非見て頂きたい1本となっております。

こんな方にオススメします。

  • デゴイチが好きだという方
  • SLやまぐちSLみなかみで知ってる方
  • 重連で力強く走るSLを見たい方

おススメしない方

  • 古い映像を基に制作されています。映像の乱れが気になる方
  • 9600形などD51以外の機種の方が気になる方
  • ボリュームが1時間未満では足りないと思う方

私は当時のD51のことは全く見たことがありません。

しかしそれでも迫力ある当時のSLの映像には満足しました。

SLが好きな方にはきっと満足してもらえると思います。

 

 

作品の内容と見どころ

D51形

ゆっくりと車庫に侵入するD51形、今では都心の住宅街に近い新鶴見機関区での火入れ作業からスタートします。

 

本編:新鶴見機関区にて

SLは1度火を絶やすと動けるまでにかなり時間が掛かります。

そして火入れが終わるまではひたすら機関士が石炭をくべる、

今見ればかなりの肉体労働で非効率的だと思われますが、SLの活躍には機関士の存在がかなりの大きさを占めているのだとわずか数分の映像からは感じられます。


蒸気機関車とは手のかかるものである。

おまけに大食い、どうも効率が悪い。

誰もがそう言うが誰もが彼を嫌ったりはしない。

彼の実直さ、誠実さが魅力となり、あらゆる欠点を吹き飛ばしてしまう

本編:ナレーションより

詩的なナレーションの通り、SLを見ているとまさにそのように感じてしまう。

機械の中でも人間らしく、黙々と働くその様子は、

どこか人と照らし合わせずにはいられないでしょう。

それは今も昔も変わりません。

比較的勾配に強いD51は重連で力強く走る姿が勇ましく、全国のSLファンを魅了してきました。

熊本県は肥薩線の大畑峠を走るD51混合列車、峠を力強く走るだけのパワーを持ったSLです。

本編:肥薩線・大畑峠を2台のD51で越えるシーン

9600形

「アイツは良い奴でしてね、忘れられない機関車ですよ」

本編:ナレーション


大正時代からD51が登場するまでの間、貨物列車のエースとして活躍し、

D51が活躍する後も晩年まで地方で活躍しました。

そのなかで山形県の米坂線は9600形が晩年活躍した路線として有名です。

本編:米坂線で貨物列車を牽引

急勾配と雪深い地域を走る米坂線にとって9600形のようなパワータイプのSLは重宝されたようです。
冬も間近の山中を走るSL列車は趣がある映像となっています。

D50形


映像収録当時、九州の若松機関区にたった1両が残るのみです
後に改良がなされ、D51が生まれましたが、当時は動態保存機として残されたようです。

本編:若松機関区にて停泊するD50形

D52形


国内最強のけん引力とボイラーを誇る貨物用機関車です。
主要幹線での貨物輸送に従事しましたが、この作品ではあまり当時の映像は収録されていないようです。


現在も貨物列車の補器をつける山陽本線の瀬野~八本松ですが、この区間が電化されるまでの間補器を務めていたことがあります。

本編:貨物列車を牽引するD52形

D60形


D50形をレールにかかる重さを軽くするために従輪を加えて手直しされた改良型の機関車です。
数字が60番台の機関車はこの手のタイプだと解釈してもらっていいでしょう。

九州の機関区に集中配備され、筑豊のボタ山や遠賀川を渡るD60の姿が収録されています。
60番台のSLについてはメディアでは語られることが少なく、存在自体が知る人ぞ知るといった感じです。

本編:若松機関区での一コマ

私もこの作品でD60形の動いている様子を初めて見ました。

見どころ

伯備線の三重連

山奥の田舎の駅に何故か大勢の人が来ています。

伯備線・布原信号所はD51の三重連が走ることで有名になった場所です。

その人気が一目でわかるように「本日の三重連はあります」と札に描いてあり、多くの鉄道ファンがカメラと三脚を持って撮影のために構えます。

鉄橋を渡りトンネルの入り口直前の山肌にカメラを構える鉄道ファンたちが200人入るのではないでしょうか、中には川の中に入ってカメラを構える人も数名います。

それぞれ良いアングルで撮影したいという思いはこの頃も今と同じくらい強いようです。

SLの貨物列車が重連でやってきます。

当時はD51が主役で活躍していたようです。

そして9:17、煙を轟轟と吐きながら三重連の貨物列車がやってきました。

出典元:鉄道ホビダス【わが国鉄時代】より

今では絶対見る事が出来ないSL3機による力の合わせ技と言ったところでしょうか。

今では電車がスイスイと峠を越えていくので勾配に対して特に難関といったイメージは無くなっているかもしれません。

SLが峠を越えることが大変だと体現しているかのようです。

お召し列車を引くD51

1971年4月21日 米子機関区では化粧直しをされてピカピカのD51がお召列車の牽引の準備に取り掛かっています。

お召し列車の牽引機には特別に化粧直しがなされますが、SLは特に念入りに整備され、お召しにふさわしい装飾がなされます。

出典元:SLプレートのお話

菊の御紋・日の丸国旗・デフレクタの金色の鳳凰が正直かっこいいとしか言い表せません。

お召し列車自体が鉄道の中でも珍しい存在です。

牽引を務めるSLへの思い入れの強さを感じます。

まとめ

いかがでしたか?

今回はD51とD型蒸気機関車の映像を収録した作品を紹介しました。

製造数1115両と日本一多い記録を持つD51。

現在は2両が動ける状態で保存されて、休日になると走る様子を見る事が出来ます。

SLブームが山場を越えてもなお、「デゴイチ」で親しまれ続けるのは全国で活躍できるほどSLの中でも最優秀だからではないかと思います。

 

 

-DVDレビュー

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.