ブログの管理人・たてやまちとせのプロフィール

当ブログに訪問してくだっさった方、ありがとうございます!

初めての方ははじめまして!!

 

「たてやまちとせ」です。

 

もちろん・・・HNですwww

5年前からハマっている位置ゲームで今でも使っている名前で

今でも地道にマスターしています。(見かけたら電友申請お願いします)

 

幼いころから鉄道にハマり、家はプラレールに熱中していた生粋の

鉄オタです。

 

学生時代は表に出さなかった分、

今では乗り鉄撮り鉄と鉄道関連の商品を集める収集鉄を満喫しています。

 

中でも特に鉄道のDVDやVHSをネットオークションで買って

休日を利用して観賞したり、ブックオフで鉄道雑誌のバックナンバーを買う

など

鉄オタ」の中でも変わった金の使い方をしているなぁとつくづく思います。

 

鉄オタ歴はそこそこ長いですが、実はまだまだ分からないことが多いし、

写真が上手な人に比べたら力は及ばないし、

 

実際やってみると奥が深いんですよ。

 

そこが鉄道オタクとして大きな魅力に感じてます。

このブログを始めた理由

ここ何年間かで「鉄オタ」が社会的に知られてきて、多くの人が公言したり参入してきているなと感じました。

芸能人でも鉄道が好きな人は男女関係なくいて、その方たちはテレビで解説をしたり、番組を持つくらい知識があるのですが、私は、まだまだマニアックな世界な印象があるように感じています。

しかも趣味の世界でも新参者は肩身が狭いし、知識不足で怒られることありますよね?

ましてや私もできる範囲で活動している「ライト」な鉄オタなので

本気じゃなくても軽い気持ちで参加できるような

場があってもいいんじゃないか?

そんな思いでブログを立ち上げました。

 

また、私の本・DVDコレクションのレビューも多数書いていくつもりです。

なぜなら、カメラや模型を本格的にやっていても

それ以外の鉄道関連商品に力を入れている人って

 

まあ、いないんですよね・・・

これをきっかけに 「見てみようかな?」「興味あるかも!」と

思っていただければ良いかなと思います。

乗り鉄歴はどれくらい?

はっきりとは覚えていませんが、小学4年生くらいに初めて一人で電車に乗ったのを覚えています。

今では200路線(JR・私鉄)くらい制覇しています。

特に車窓から海が見える路線が好みで、今まで乗った中でいえば

  1. 羽越本線
  2. 大村線
  3. 内房線
  4. 呉線
  5. 江ノ島電鉄

 

が特に好きです。(ランキングではありませんよ)

撮り鉄歴はどのくらい?

これも小学5か6年生くらいにお年玉でフィルムカメラを買ったのが始まりで、

それまでいたって普通のカメラやデジカメでしばらく撮って

あらためて高性能デジカメを購入しました。

私は実は一眼レフカメラを使ったことがないです。

使用している機種はNikonP600で5年は使っています。

単純に一眼レフは高かったからですが、かさばらずにさっと起動できて三脚が使えなくても手持ちで撮影できて、それなりにきれいに写真が撮れるので

結構気に入ってます。

 

よく出没するのが地元に近い路線です。

特に東北本線・羽越本線・磐越西線はネタが多いので頻繁に撮影に行きます。

羽越本線は海、磐越西線と只見線は山の四季が写真を撮っていてとてもきれいで絵になるので撮り鉄としてはとても気に入っています。

国鉄型と呼ばれる古い車両やSLなど機関車が好きでそういった車両が走る路線は

割と足を運んでいます。

ちなみに今追っかけで撮影している車両はキハ40系・DE10形・115系です。

鉄道の本・DVDを収集する理由

私は出身が東北なのですが、田舎なので東京や大阪と比べたら鉄道のネタが少ないし、どこにいっても同じ車両が走っているので正直物足りなく、珍しい列車が走ってもお金と時間が掛かって効率が悪いです。

かっこいい特急も最新型の通勤車両も貨物列車も「東京だからたくさん見られるんだよ」と悔しかったりするんです。

その点ではDVDだとなかなか乗りに行けない地方の車両や引退した過去の車両の様子、さらにはSLの現役当時の様子を

家に居ながら何度も見られるので頻繁に遠方に行かなくても楽しむ事が出来て経済的です。

今では動画配信サイトやYouTubeもあって鉄道関連の趣味動画はどこでも見られる気軽さは増しました。

そんな今でもネットでは見られないプレミアのついているVHSを買い求めるマニアはいますし、元々TVっ子だったこともあってTVの大画面で見られるメリットは大きいです。

雑誌のバックナンバーについても関連書籍を定価で買うより当時のホットな話題を特集に組んだ過去の雑誌のほうが詳しく書いてあります。

しかもブックオフなら1冊100円から購入できるのでコスパがものすごくよく知識を深められることができます。

例えば1978年の鉄道ファンが古書店や専門店では2000円するところがブックオフでは100円で買えてしまうので10冊買っても1000円程度しかかかりません。

 

でもやっぱり「好きだから」理由はこの一言で十分です。

 

実際に買ってみるとわかるのですが、商品の定価がそこそこ高いんですよね。

本なら面白そうな物でも一冊2000円を超えたり

DVDなら平均的な価格は3500円位です。

あれこれ買いそろえると結構いい値段になってしまうので買うのをためらってしまう方もいると思います。

レビューも少ないので私も安くなるまでしばらく待とうかななんて一旦は手を引っ込めますが

それでも本当に面白いかどうか分からないから買えないのです。

 

なので今まで見てきた作品をレビューすれば買う時の参考になるんじゃないかと

思ったので今まで見てきた作品を記事にすることにしました。

鉄道以外に好きなことは?

鉄道以外にも趣味がありまして、乗り鉄や撮り鉄もしながら「観光」も楽しんでいます。

まず一つは「食べ歩き」です。

その土地ごとの名物を食べるのも楽しみの一つで目的地に着いてからの昼食や夕食は聞いたことがないでもいいから必ず何か一つは食べています。

中でも「麺料理」が好きでラーメンや立ち食いそばは結構食べてきました。

意外と地方ごとに違いが見えて面白いです。

 

あとは「水族館に行くこと」です。

前述したとおり、海が好きなようで(山ばっかり見てきて育ったから)

大きな水槽を泳ぐ魚と水の青さにハマってそれ以来各地の水族館を巡るようになりました。

小さい頃、親と旅行で行った「松島水族館(2019年現在閉館)」以来

関東東北北陸の水族館は制覇しました。

北海道は車でしか行けなかったり冬季間は休業するところが多いので行けていません。

数年前に九州1週をしたことがあったのですが、予定が詰まっていて水族館に寄ることが出来なかったので西の本の水族館はあまり行けてないです。

ブログのコンセプトと今後の方針について

当ブログではDVD作品のレビューや乗り鉄・撮り鉄についての記事を更新する予定です。

読者のターゲットとしては

  1. 「鉄オタ初心者の方」
  2. 「鉄道旅行を楽しみたい方」
  3. 「鉄道好きな子鉄とママ鉄」

といった感じで鉄道に興味がある初心者にとっての入門編として

為になって楽しんでもらえるようなサイト作りを目指していくつもりです。

 

マニア歴が長い方や本気で取り組んでいる方には当たり前すぎて物足りないと思うのでその辺りはごめんなさい

 

サイト作りの向上のために質問・ご意見などは気軽にお問い合わせください。

誹謗中傷迷惑な書き込み無断転載ダメですよ!

 

どんどん参考にしていってくださいね!!

 

たてやまちとせ

 

投稿日:

Copyright© 鉄道ファン・ちとせのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.